昭和時代を代表する大スター!美空ひばり

美空ひばりは肉食系女子

一度婚約した小野満とは婚約はしても結婚までにはいかず、婚約解消という運びになりました。とにかく「お嬢」が恋に落ちても、いつも「お嬢」の近くにはステージママでもありプロデューサーでもある母親喜美枝の存在があります。マスコミには一卵性親子とまで言われるほどに、常に娘のそばにいました。9歳でデビューして常に私ばかり母親を独占していると、ひばりは思っていたようで弟や妹のことを常に思いやる姉でもありました。

一卵性親子の喜美枝はというと、常日頃から「加藤ファミリー以外は信用してはいけない」という考えがあったようで、デビューしてから美空ひばりのために長年つくしてきたスタッフやマネージャーであっても、喜美枝と意見を違えるとすかさずクビを切られるということも珍しいことではなかったようです。

常日頃から身内のみ、身内以外は信用するなという考えをもつ母親の喜美枝は、「お嬢」が恋に落ちてもとにかくあれやこれやと難癖をつけたのも事実です。

昭和の名曲

一度の結婚

美空ひばりが結婚したのは、日活映画スターだった小林旭です。浅岡ルリ子が20歳ぐらいの時に、小林旭とお付き合いをしていたようで、一度浅岡ルリ子の父親の元へ小林旭が結婚の申込みを氏に来たそうですが、浅岡ルリ子の父親はまだ女優をしなくてはいけないため、結婚はまだできないと断わったことから次第に浅岡ルリ子と小林旭は疎遠になりました。

するといつの日にか、小林旭の撮影場所に大スターの美空ひばりが車で撮影現場に来るようになります。車の中から小林旭の撮影の状態を見ていたのでしょう。小林旭との結婚は、美空ひばりからぐいぐいと今でいうところの、肉食系女子の美空ひばりだったようです。

お嬢の名曲

肉食系女子

小林旭と結婚した当時、小林旭も大スターですが美空ひばりもかなりの大スターでした。大スターのふたりが出会ったのは、昭和36年(1961年)雑誌「明星」での対談での場です。小林旭に「恋人はいるの?」と聞き、「いない」との小林旭の答えに「じゃあ私と親しくて」ということで、付き合うことになります。まだ結婚を考えていなかった小林旭に対して、美空ひばりはどんどん熱を上げていきます。小林旭が出向く場所では、美空ひばりからばんばん電話がかかってきます。

そして芸能人のパーティに呼ばれて出れば、そこで美空ひばりから「私のダーリン」と友人や知り合いたちに紹介され、外堀を埋められる感じでしょうかね?!さすが「お嬢」。欲しい物があれば必ず手に入れるという肉食ぶりを発揮します。そして肉食系女子の美空ひばりはどうしたのか?というと、「神戸のおじさん」の三代目組長の田岡に結婚したいという意志を伝えて、自分の気持ちを小林旭に伝えてくれるようにとお願いします。

小林旭と美空ひばりが「明星」の対談で出会った昭和36年の暮れのことです。ついにその日がやってきました。小林旭の自宅前に、黒塗りの1台の自動車が横付けされました。そこから2~3名の若い衆が降りてきます。そして若い衆の後から降りてきたのが、「神戸のおじさん」こと「ひばりの父親がわり」の山口組三代目組長の田岡組長が黒塗りの車から降りてきました。

そして小林旭に「お嬢があんたに惚れていると言うとんのや。天下の美空ひばりにあんた惚れられて、男冥利に尽きるやないか。」小林旭のほうは「僕は結婚するにはまだ早いので」と言えば、「ひばりはアンタと一緒にならなんだなら、飯を食わへんというとんのや。どや、一緒になったれ!」と言われて、小林旭も「わかりました」と首を縦にうなづきました。

昭和37年(1962年)11月5日、美空ひばりが25歳小林旭が24歳。結婚式を迎えることになりました。完全に美空ひばりの方が小林旭へ惚れぬいての結婚でしたが、確かに小林旭も日活のスターではありましたが、当時の美空ひばりの名声に比べればやはり月とスッポンほどの開きがあります。

そして一卵性親子のひばりの母喜美枝は、口癖のように小林旭に言います。「加藤和枝は嫁にだすけど、美空ひばりはやらないよ。」という言葉です。一卵性親子の喜美枝はといえば、人生で一番不幸だったのは娘が小林旭と結婚したこと、人生で一番幸せだったのは小林旭と離婚したこと。と公言してはばからないほどなので、結婚して「お嬢」なりに一生懸命に小林旭の大好物を作ろうと、料理の本をみながら天下の美空ひばりがローストビーフを作ったりしても、やはり母親の喜美枝は他人の小林旭の存在を疎ましく思っていたことは間違いないでしょう。

昭和時代を代表する大スター!美空ひばり