昭和時代を代表する大スター!美空ひばり

大人顔負けのパンチのある歌唱力

美空和枝という芸名から「美空ひばり」という芸名になるのは昭和22年(1947年)のことです。巡業中の高知県で九死に一生を得た少女は、その翌月10月に日劇小劇場に出演します。この日劇小劇場での公演では、靴磨きの娘に扮して持ち歌の「あんたとあたり」という自分の持ち歌を初めて歌いました。この時に日劇小劇場で公演していた劇団「東京グループ」は伴淳三郎が座長の劇団で、この舞台で演出していたのは宝塚の岡田恵吉でした。そこで岡田恵吉に芸名をつけて欲しいと頼んで付けられたのが「美空ひばり」であります。

そして横浜国際劇場の支配人、福島通人が美空ひばりの歌唱力と才能を認めます。支配人の福島が美空ひばりの才能を認めたキッカケは、横浜国際劇場1周年の特別興行で、前座として美空ひばりは登場して笠置シヅ子の「セコハン娘」を歌います。そして支配人の福島が美空ひばりのマネージャーとなって次々と美空ひばりが出演する舞台の仕事を取ってくるようになり、やがては「ひばり映画」を企画するまでになりました。

昭和の名曲

格安 ホームページ作成 http://www.hifactory.net/ハイファクトリーのウェブサクッ!が手がけたWebサイトでの成功をきっかけに、発展を遂げ、サイトオーナー様に心から「ありがとう」というお言葉を頂戴することが日本一できるIT企業を目指します。
お身体の事で困った時には当院へお気軽にご相談下されば解決出来る、解決策が見つかる。鍼灸 名古屋はみなさまにとって、そんな治療院でありたいと思っております。

少女が歌うブギウギ

美空ひばりと山口組の繋がりが出来るのは、早い段階でのことです。当時の芸能界の興行では、暴力団が仕切っているのが当たり前という時代だったからです。美空ひばりは昭和23年(1943年)2月に、神戸松竹劇場へ出演するときに、神戸の興行を仕切っていた暴力団の山口組三代目組長の田岡一雄に挨拶に行きます。田岡組長に美空ひばりは気に入られて、そこから山口組との繋がりができました。

この時には、まだ美空ひばりはまだまだ歌手として無名の存在でしたが、11歳の少女の歌唱力と才能を見込んで、当時大人気のボードビリアン川田義雄が自分の公演に11歳の少女美空ひばりを抜擢します。舞台で人気歌手の小唄勝太郎に、美空ひばりは花束を渡す役として登場しました。この出会いで、美空ひばりは大きな転機となったといえるでしょう。美空ひばり自身も後に「師匠といえるのは、父親と川田先生だけ」と言うほどに、美空ひばりは川田から大きな影響を受けることになります。 川田も11歳の美空ひばりをとってもよく可愛がり、美空ひばりも川田によく懐いてアニキと呼びました。

お嬢の名曲

少女の歌うブギウギ

戦後に「ブギの女王」として風靡したのは笠置シヅ子です。服部良一作曲の『東京ブギウギ』はものすごい大ヒットで、『東京ブギウギ』から『大阪ブギウギ』そして『買物ブギウギ』と日本中は笠置シヅ子のブギウギで溢れます。そして少女の美空ひばりは、ブギの女王のモノマネをします。少女が笠置シヅ子の『セコハン娘』や『東京ブギウギ』をモノマネしますが、それが拍手喝采となります。

笠置シヅ子のモノマネを上手にすることから「ベビー笠置」と言われたほどです。上手に少女がブギウギをブギウギを歌いながら、笠置シヅ子のように踊る少女は大いに拍手を受け喝采される反面、違和感を感じる人たちもいたことは否めません。作詞家で詩人のサトウハチローは、その当時の少女の美空ひばりにのことを批判的に「大人の真似をするゲテモノ少女歌手」とまで批判しているので、喝采を受ける反面厳しいバッシングもありました。

バッシングがありながらも、子供の歌うブギウギは観客からも面白がられて、映画出演に繋がって美空ひばりの知名度が飛躍的に上がるキッカケになったのもこれまた事実です。横浜国際劇場で笠置シズ子が来演したときには、少女が自分の真似をしてブギウギを歌う姿を面白がられたりもしました。

昭和24年(1944年)3月に東横映画「のど自慢狂時代」という映画で、美空ひばりはブギウギを歌う少女として映画に初出演します。そして続く8月に松竹映画の「踊る竜宮城」では主題歌の「河童ブギウギ」を歌います。B面ですがこれが正式にレコードでのデビューとなった作品です。

12歳で初主演となった「悲しき口笛」が大ヒットとなりました。映画も大ヒットするのと同じく、主題歌も大いに売れて、初主演した映画「悲しき口笛」から美空ひばりは日本中に知名度が上がりました。悲しき口笛」でのシルク法度に燕尾服の姿は、アメリカの「ライフ」誌に掲載される事になりました。そして昭和24年(1949年)10月に、日本コロムビアと専属契約を結ぶことになります。

昭和時代を代表する大スター!美空ひばり